食品加工科

コース紹介

地元特産の鮮魚を使った加工品の製造販売

地元朝どれ鮮魚を材料に『ひむかのすり身』の製造販売をしています。 魚は鮮度が命!下処理から袋詰まで衛生面に配慮し、安心・安全で美味しいすり身を作っています。還元水を使用、調味料にもこだわった無添加商品、自慢の味です。 お蔭様で地域の学校給食や高齢者施設の食材としても喜ばれています。

  • コース詳細

    朝どれの新鮮な魚を、包丁を使って丁寧に捌いています。

  • コース詳細

    三枚におろした魚については、機械に通して皮をはいでいます。

  • コース詳細

    捌いた魚については、その日のうちにミンチ機に通して、味付け・加工前の準備を行っています。

  • コース詳細

    味付けが終わったものは、袋詰めをしたあと真空を行い、製品となります。

  • コース詳細

    施設の看板商品である『ひむかのすり身』です!!

  • コース詳細

    お中元・お歳暮時期には、施設で製造している“ひむかのすり身”と干物等を合わせてギフトセットとして販売しています。 商品の発送等も対応できますので、気軽にお問い合わせください。

  • コース詳細

    学校給食関係のリクエストにお応えして、すり身を丸めてボイルした『すり身ボール』を製造中。 育ち盛りの子どもたちに、地元の魚で作った献立を食べさせたい!との思いをうかがい、細かい作業で大変ですが、10グラムのボール状に丸めて、ボイルしたすり身ボールを学校給食の食材として使っていただいています。どんな献立になるのかな…

ページトップ